メニュー

初心者が押さえておきたいブランディングのいろは

グロースハッカー

新規事業開発室

グロースハッカー

福岡広一朗

初心者が押さえておきたいブランディングのいろは

ビジネスシーンで耳にすることの多い「ブランディング」という言葉。その意味について聞かれると、自信を持って答えることができる人は少ないのではないでしょうか。今回はブランディングについて解説します。

そもそもブランドとは

ブランディングについて考える前に、まず「ブランド」について定義しましょう。ブランドとは、「ある特定の商品やサービスが消費者・顧客によって識別されているとき、その商品やサービスを”ブランド”と呼ぶ」と、定義されています。 エルメスやヴィトンをブランドと想像する人も多いと思いますが、高級品だけがブランドではありません。また、ブランドとは企業側から定めるものではなく、消費者や顧客によって判断されるものなのです。 ここからわかるように、ブランディングとは商品やサービスについてユーザーに共通のイメージを認識させることを言います。

ブランディングをする意味やメリットは

ではブランディングをする意味やメリットはなんなのでしょうか。ブランディングを行うことのメリットは、集客、販促、PRといった活動が有利に進むことです。例えば、「ゆったりとした空間でコーヒーを飲みたい」と思ったときにあなたはどんなブランドを想像しますか? おそらくスターバックスを想像された方が多いと思います。ブランディングが成功しているスターバックスは、宣伝を行うことなく、あなたにコーヒーを購入させることができたわけです。 このようにブランディングを行うことで、自社商品・サービスの競争優位性を向上させることができます。

ではどうやってブランディングをするのか

実際にブランディングを行う方法はさまざまです。これさえやればよいと言った特殊な方法はありません。まずは自社の商品の価値をブランドとして明確にした上で、そのブランドの価値が正しく伝わるようにさまざまな施策を打っていく必要があります。 広告宣伝や販促、PR、顧客とのコミュニケーション、Webマーケティングなどのあらゆる場面でブランディングを意識した行動をしていきましょう。

何を意識して取り組めばいいのか

実際の施策ではどんなことを意識すべきなのでしょうか。それは、「誰に何を伝えるのか」を明確にすることです。誰=ターゲット、何を伝えるのか=自社商品・サービスの価値、この2つを明確にすることが重要なのです。

やみくもに施策を行うのではなく、ブランディングを意識した施策実行を

ブランディングについて解説しましたが、どんな施策もやみくもに行うのではなく、誰に何を伝えるのかを明確にした上で行うことで中長期的に大きな効果を発揮します。今行っている施策を振り返り、ブランディングに繋がっているかどうかを考えてみてください。

    電話

    03-6384-2872
    受け付け:月-金 11:00-17:00

    メール

    info@maisonmarc.com

    名前

    E-MAIL

    内容


    ツイート Facebookに投稿 Linkをコピー