メニュー

withコロナの時代に備えるテレワーク

グロースハッカー

MarcPort編集部

テレワークとは

テレワークとはICT技術を活用した、場所や時間といった制約に囚われない勤務形態のことを言います。在宅勤務、リモートワーク、フレキシブルワークなどさまざまな呼ばれ方をしていますがどれも意味は似ています。コロナにより在宅勤務に半強制的に以降した企業も多いでしょう。今回はテレワークによるメリットとデメリット、さまざまな企業の運用事例についてご紹介します。

企業側のメリットとデメリット

メリット:コストの削減と社員の長期活躍につながる

テレワークの導入によってオフィスにかかる費用が減るため、コストをカットできます。また、テレワークがあることによって、育児や介護の関係で外出がしづらかった家庭でも仕事ができるため、テレワーク環境が整っているか否かは人材獲得の優位性につながっているようです。

デメリット:社員の就業状況の管理が難しい

テレワークによって一緒に働く社員の様子が見えなくなったため、社員の状態把握が難しくなりました。どの時間に勤務を開始して終了しているかが見えづらいため、管理職サイドは苦労しているようです。


従業員がサボっているのではにかという不安の声も上がっていますが、見えないところで働きすぎている可能性も示唆され、長時間労働の温床になるのではないかといった声も上がっています。

個人側のメリットとデメリット

メリット:移動時間がなくなり、自分の時間が増える

テレワークになり、自分の時間が増えたという声が上がっています。特に郊外から出社していた方たちは毎日往復で2時間以上も移動に費やしていたため、テレワークに移行されたことで自分の時間が増えたのでしょう。仕事をテキパキとこなせる人にとっては、テレワークは快適な環境となっているようです。

デメリット:仕事とプライベートの垣根が薄くなる

一方で、テレワークになったことで仕事の開始、終了が曖昧になったという声も上がっています。パソコン、スマホを起動すればすぐに仕事を開始できてしまうため、切り替えが上手くできない方はストレスを感じているようです。


また、コミュニケーションツールが整っていない環境では、電話などで数分以上相談したい内容も今電話をしていいのかわからず、相談しづらくなったという声を聞いています。特に新卒やまだスキルがないメンバーにおいては精神的な不安も大きく、負担となっている社員もいるようなので、どのようなサポート体制を構築できるかは重要です。

オフィスを解約し、フルリモートで組織運営する企業も

直近のニュースでも話題になりましたが、オフィスを解約し、テレワーク前提で組織運営をする企業も出てきました。


https://thebridge.jp/2020/04/about-startup-office-closing-how-do-we-think-about-its-value


テレワーク環境を整えている企業ではオフィスを持つ意味を再定義し、その上で手放すという選択肢をとるような企業も出てきています。テレワークを推進することでのメリットやデメリットはたくさんありますが、それぞれに適切な対策を行うことで、優位性のある組織運営につながります。企業の組織文化や事業戦略にひもづく意思決定になりますが、改めてオフィスを持つ意味と今後のテレワーク環境を考え直してみるといいかもしれません。

電話

03-6384-2872
受け付け:月-金 11:00-17:00

メール

info@maisonmarc.com

名前

E-MAIL

内容


ツイート Facebookに投稿 Linkをコピー