メニュー

今スグに導入したい業務効率化ツール7選

SERVICE

今スグに導入したい業務効率化ツール7選

IT化によって業務効率化の波が激しくなっている昨今、自社の無駄な業務をIT化したい。でもいきなりアプリを自社で作るのではなく、うまくツールを使ってやりくりしたい。そんな方に厳選したオススメツールをご紹介します。

1.完璧なビデオ、クリアな音声。インスタント共有「Zoom」

まずご紹介するのは、Zoomです。オンライン飲み会、オンライン面接などで使われています。特筆すべきは簡単さです。リンクを共有するだけですぐに電話が可能です。同時接続も可能なため、Zoomを使ったセミナーや講座を実施している人も増えています。

サービス名:Zoom 対象企業:少人数チームから大規模企業まで

価格:
無料版と有料版があります。 プロ(小規模チーム向け):$14.99/月/ホスト
ビジネス(中小企業向け):$19.99/月/ホスト
企業(大企業向け):$19.99/月/ホスト

特長: 招待メールをクリックするだけで手軽にWeb会議参加 同時接続可能拠点数100~1000

自動化ツールを導入することで定型業務にかかる工数を削減

近年ロボットによる業務の自動化(RPA)が注目を集めています。RPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーションの略で、業務プロセス自動化技術の1つです。日常的な定型作業を記録させて、自動で行わせることができます。

自動化ツールを導入すれば、

伝票入力・請求書発行などのバックオフィス業務
データ収集・分析業務
交通費精算など社内の経費処理

などの定型業務と言われている、誰が作業しても同じ結果がでる業務を自動化することができます。「日々の単純作業に追われていて、本来の仕事ができない」という方は自動化を検討してみてはいかがでしょう?

2.Robo-Pat(ロボパット)|スターティアレイズ株式会社

サービス名:Robo-Pat(ロボパット)
対象企業:中小企業~中堅企業

価格:
非公開(直接お問い合わせください)

特長:
PCに直接インストールするタイプなので、機密事項の処理にも安心
初期費用、年間契約などなし、忙しい時期だけ導入することも可能
トライアル時のフォローから導入後まで弊社の専任メンバーがサポート

例えば、世の中のWebサイトから更新日の日付や文章などの情報を収集しエクセルに自動入力したり、受信したメールの項目を自動で判断して必要なファイルに書き出すなど、様々な業務を直感的にロボットに覚えさせて自動化することができます。

実績:
株式会社フルキャストホールディングス、芝パークホテルなど

3.さっきの申請、もう承認された「Create!Webフロー」

サービス名:Create!Webフロー
対象企業:中堅企業~大手企業

価格:
500円/1ユーザー/月(年額払い 5500円/1ユーザー)初期費用0円 ※パッケージソフト版もあり

特長:
稟議書ほか社内申請書の申請、承認、回覧がオンライン上で可能
定期メンテナンスを除き24時間365日サービス提供
自動監視、自動バックアップ、通信暗号化、SSO(SAML)対応等セキュリティは万全

実績:
ミサワホーム株式会社、小田急電鉄株式会社、北里研究所など大手企業に導入実績多数。アサヒ飲料株式会社はCreate!Webフローを利用し稟議時間の短縮、稟議書を回覧・保存する労働時間(年4,000時間)とコスト(約800万円)の削減に成功したそうです。

提供元:インフォテック株式会社

4.人事・労務を、ラクラクに「SmartHR」

NEXTユニコーン企業に選ばれるほど、著しい成長率を誇っているSmartHR社のサービスです。今までかなり手間のかかっていた労務管理という分野で、圧倒的な使いやすさ、手間の削減からユーザーから支持されています。

サービス名: SmartHR 対象企業:中小企業~従業員数万名規模の大企業まで

価格:
従業員数と選択機能により異なる3プラン スモールプラン(従業員50名以下の企業向け)
スタンダードプラン(従業員51~大企業向け)
プロフェッショナルプラン(大規模企業向けサポートと認証機能追加版)

特長:
従業員が情報を直接入力。ハンコも紙も不要!
給与明細のプリント不要。Web給与明細を1クリックで従業員に配布可能
一元管理。住所変更や扶養変更も自動的に1回の手続きで更新
サービス利用継続率99.5%、労務管理クラウドシェアNo.1(ミック経済研究所調べ)

実績:
テレビ朝日、星野リゾート、オンワードほか大手企業が多数導入

提供元:株式会社SmartHR

5.会社を伸ばす攻めのバックオフィスクラウドERP「freee」

サービス名:freee
対象企業:スタートアップ~成長中の中堅企業

価格:
会計エンタープライズプラン:オープン価格
会計プロフェッショナルプラン :47760 円/月 ※年額払い 39800円

特長:
バックオフィスを全てペーパーレスにして一元管理
Salesforce(営業支援システム)他、業務支援システムと連携可能
IPO準備・内部統制対応(国際基準のSOC1 Type2報告書 受領)

実績:
KDDIなどの大手企業をはじめ、SmartNewsなどのベンチャー企業が多数導入。Freee社が従業員300人時点で経理1.5人、労務1名という人数でバックオフィス業務を完結。

提供元:freee株式会社

6.Web完結・印紙税0円の電子契約サービス「クラウドサイン」

サービス名: クラウドサイン
対象企業:小規模企業~大企業まで

価格:
Standard(チーム用):月額固定10000円、書類送信単価200円
Business(管理強化プラン):月額固定10万円、書類送信単価200円
Integration services(連携プラン):オープン価格

特長:
発注契約書、NDA(秘密保持契約書)、雇用契約書、個人情報取扱同意書ほか
さまざまな書類に対応可能。電子契約利用企業の約80%がクラウドサインを利用。
契約書に印紙を貼って郵送する作業がなくなりコスト削減
1~2週間かかかっていた契約のための事務手続きが5~6分で完了
締結した契約書はクラウドに保管し探すのもスピーディに

実績:
30000社以上の導入実績 

提供企業:弁護士ドットコム株式会社

コミュニケーションの効率化

社外には「お世話になっております」、社内には「お疲れ様です」の出だしで書き始めるメールも大量になるとかなり時間を使います。メールは気配りのない文章だと誤解のもとになりやすいため意外と考えてしまい予想以上に時間がかかるのです。近年はビジネスチャットを有効活用し、社内外コミュニケーションを簡略化する企業が増えています。

7.Slackで、その仕事の「もっとこうしたい!」を実現する力を!

サービス名:Slack
対象企業:中小企業~大規模企業まで

価格:
スタンダード(中小企業向け):850円/1ユーザー/月(年額払いの場合)
プラス(大規模企業向け):1600円/1ユーザー/月(年額払いの場合)
Enterprise Grid(規制の厳しい業界や大規模で複雑な組織向け):オープン価格

特長:
チーム別、プロジェクト別、顧客別にチャンネル作成可能
PDF、画像、動画などのファイルをドラッグ&ドロップ可能
連携できるアプリは1500点以上
ISO 27001 を始めとする多様なセキュリティ基準に準拠

実績:
TIME、BuzzFeed、ebay、ORACLE、DeNA、cookpadなど150カ国85000社以上に導入

提供元:Slack Technologies Inc.

生産性向上や業務効率化だけでなく、従業員のワークライフバランスについても、今後企業は十分配慮していく必要があります。そうした現代の労働環境に関する課題を解消する手助けをしてくれるのが、本記事で紹介したような業務効率化ツールです。

いまの組織やチームに必要な要素を洗い出して最適なツールを導入し、労働生産性を高めていってください。

電話

03-6384-2872
受け付け:月-金 11:00-17:00

メール

info@maisonmarc.com

名前

E-MAIL

内容


ツイート Facebookに投稿 Linkをコピー