メニュー

デザインスタジオメンバーでデザインのマル秘展へ行ってきました

TEAM

取締役

デザイナー

ひとみ

こんにちは、デザイナーのひとみです。

今回はデザインスタジオメンバーと一緒に行ったマル秘展へ行ったレポートです。
メンバーの学んだことも後半に紹介します。
「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」とは?

デザインの原画

この展覧会の核となるのは、現在、日本デザインコミッティーに所属する幅広い世代のメンバーたちが、そのデザインの過程において生み出してきたスケッチ、図面、模型の数々です。それらは、多くの人々の目に触れる完成品に比べて、あまり光が当てられません。しかし、そんな「秘められた部分」にこそ、デザインの大切なエッセンスが刻まれています。それらを間近で目にすることは、今後のものづくりを担う人々、特にデジタル化したものづくりを前提とする世代にとって、刺激と示唆にあふれた体験になることでしょう。

出典:21_21 DESIGN SIGHT | 企画展「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」 | 開催概要

参加メンバー

  • ・ ひとみ
  • ・ みおり
  • ・ どまちん
  • ・ もなち

建物

皆様ご存知、安藤忠雄様の建築です。入館する前からその美しさに息を呑みます。入館後も、建物自体の美しさはもちろんですがライティングや展示設計も最高で見ているだけで空間全てが美しく、ため息の出るひとときでした。

私自身、「静寂」がとても好きでジブリの千と千尋の神隠しの背景や日本のいちばん長い日という映画のカメラワークがまさに静寂でとても心を惹かれます。この建築からも静寂が受けて取れ何時間でも居たい、そして様々なことを吸収したいと感じました。

また、会場内に設置されたペンやアンケート用紙なども驚くほど整理整頓してあり、デザイナーが本気を出すとこうなるのかと感じました。自身の整理整頓にも活かせるようにしていこうと思います。

並べられたボールペン

展示

分かりやすく分類されており、とても見やすく理解がすぐにできる設計でした。
また、実際の物を展示しており空気感や質感も受け取れました。

実際に触れることはできませんが、デザイナーの仕事が「生きた仕事」としてとても強く感じたのを覚えています。

土曜日の午後ということもあり来館者も多く盛り上がっていてカメラを構えている人も多く見応えのある展示でした。

展示物

スタッフ様の制服

チケット待機列を案内していらしたスタッフ様が館内から外へと顔を出すときからその制服に美しさと上質さを感じました。

質の良さは触らずとも分かり、着心地も良いのでしょうとすぐに気になりショップで販売されているのを見かけ、メンバーとすぐに触りにいきました。

見ただけで素晴らしいものと分かりましたが、このように動きやすく心地のよい制服は自ら着たいと志願するほどになると実際に触ってみて確信を持てたほどです。行動や心理をデザインした素晴らしいプロダクトです。

メンバーの学び

メンバーの熱量や雰囲気を知っていただきたいため校正せずにそのまま掲載いたします。

みおり

たくさんの展示がある中で、私が最も印象に残っているのは伊藤隆道さんの作品です。
原画ブースに入ってすぐのところに展示してあり、一目見た瞬間に目も心も奪われました。
ワイヤーで渦や球体のように形作られたものがいくつも吊り下げられ、くるくると回転し、光を反射してキラキラと輝いている様子はなんとも美しく、自由で、私もこんなものが作りたいと強く思わせてくれました。
伊藤隆道さんの作品は「光と動き」が特徴といわれているだけあり、動きのある形状や奥行き感、壮大さがとても魅力的で、私もWebデザインでこんな風に思いきったたかっこいいデザインができたらどんなにいいだろうと、いい刺激を受けました。
デザインをしていると勝手に自分に制限をかけて表現の幅を狭めてしまうことがありますが、今回の体験を思い出して自分の可能性をもっともっと広げていきたいです。

どまちん

様々なデザイナーの方の原画などを見て、デザイン考え方、使用する道具、デザインのジャンルが全く違っていて、表現の仕方も様々で、どういった考えをしながらデザインをしているのかをみることができました。着眼点が絞られがちな自分にとっては、考えの柔軟性をが必要だと改めて感じました。
そして、作品を自然に見せているが1つ1つ考えられていて、建物の構造を理解した上の、ライティング、配置、どれも普通の展示とは違い、1つ1つの作品に目が向き飽きさせないよう設計されていて、それを読み解くような感じでみることでさらに展示会を楽しむことができました。 今回学び感じたことを活かし、デザインの考え方や、見せ方、の幅を広げていきたいです。

もな

「物凄いものを見てしまった。」最初に抱いた感想はこれでした。
この展示会では著名なデザイナーの方々が溜めてきた膨大な量のデッサンや案の数々、見ただけでは分からない不思議なメモなど、様々なものを見ることができます。
どれも目を引くものばかりでしたが、特に目を引いたのはデザイナーの方々が実際にメモをとったり試行錯誤している様子を撮影した、映像を流している空間でした。
鉛筆が紙の上を滑る音、金属を叩く音、難しい顔をして試行錯誤する姿はどこか楽しそうな印象を受け、本来なら一生見ることができないはずのその映像に「自分も今すぐなにかを形にしたい」と思わされ、とても刺激になりました。

電話

03-6277-8512
受け付け:月-金 11:00-17:00

メール

info@maisonmarc.com

名前

E-MAIL

内容


ツイート Facebookに投稿 Linkをコピー