メニュー

Webページを改善するために押さえておきたいポイント

SERVICE

Webページを改善するために押さえておきたいポイント

Webページの成果を高めるには、公開後の改善が欠かせません。
特にネットショップやWebサービスを展開している企業にとって、Webページの改善によって、ユーザーの利用率や利用額が向上することは売り上げの増大にもつながるでしょう。
ただ、どのように改善を始めたらいいのかわからないという方もいるかもしれません。

この記事では、Webページを改善する際の着眼点と改善の流れをご紹介します。
Webページの改善は、ビジネスの基本的なフレームワークである「PDCA」に沿って行います。これから改善に取り組もうという方は、ぜひ参考にしてみてください。

Webページ改善の着眼点

Webページの現状把握を行っても、どこか問題なのかがわからないという方もいるかもしれません。
その際には、以下の5つの視点を持って分析してみましょう。

Webマーケティングにどんな施策があるのかわからない。という方は下記の記事が参考になります。

新人、初学者がおさえておきたいWebマーケティングの基礎知識

1.SEO

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索結果で自社のWebページを多く露出するために行う手法を指します。
ユーザーがWebページを見つける際の方法の1つが「検索エンジンからの検索」であり、自社のページを見つけてもらうためには検索結果に正しく表示されていなければいけません。
そのため、ページ内部の構造を修正したり、コンテンツを充実させたりなどすることで、より多くのユーザーに見つけてもらいます。

2.LPO

LPO(Landing Page Optimization)とは、ユーザーがWebサイトを訪れて、最初に見るページであるランディングページに対して改善を行う手法を指します。

なかでも、1ページ内で成果を得られるように設計されたランディングページでは、改善を行うことが売り上げなどの成果に直結します。そのためLPOは多くのコンバージョンを得るための手法とも言えるでしょう

3.UI改善

UIとは、ユーザーインターフェース(User Interface)の略称で、ユーザーがWebページ上で触れるすべての要素を指します。
問い合わせフォームへのボタンの場所、応募フォームへの誘導など、そのボタンがどこにあるかによってユーザーの見つけやすさ・使いやすさは異なり、ユーザーがサービスから得られる体験にも影響するでしょう。

4.EFO

EFO(Entry Form Optimization)とは、会員登録や問い合わせ画面などの入力フォームを改善する「入力フォーム最適化」を指します。

ネットショップの場合はショッピングカートに入れてから購入に至るまでの入力フォームを改善することで、最終的に購入されるまでの確率を向上させられるでしょう。

5.CRO

CRO(Conversion Rate Optimization)とは、Webページに訪れた人のうち、成果につながる確率を高める「コンバージョン率最適化」を指します。

例えば、商品紹介ページから問い合わせフォームへリンクするボタンを目立つように設置し、問い合わせというコンバージョンへ至る確率を高めるといった方法が考えられます。CROを意識することでサイトの問題点などが浮き上がるかもしれません。

上記5つの着眼点でWebサイトの問題点を考えてみましょう。以下にどんな流れで改善をして行くかをご説明します。

Web改善の基本的な流れ

Webページ改善の基本は「PDCA」です。すでにWebページは公開されているため、現状の把握から始まります。

1.現状の把握

Webページが現在閲覧されている数、閲覧者はどこからWebページを見つけたのかといった現状を把握する作業です。具体的には以下の2つの視点で分析します。

定量分析:Googleアナリティクスなどを利用してアクセスを解析。
定性分析:ヒートマップを利用してWebページを利用している人の動きを把握したり、ユーザーテストを行い、Webページの利用状況を明らかにする。

分析・解析ツールにて詳しく知りたい方は以下の記事をチェック

Webマーケティングで使えるツール15選

2.問題の発見

把握した現状から、問題を見つけます。例えば「トップページにアクセスした人のうち、商品紹介ページへ遷移している人は5%しかいない」といった数値で測れるものはGoogleアナリティクスでわかります。
ですが、商品紹介ページに遷移している人が少ない理由はわかりません。
この時、ユーザーテストを行うことで「商品紹介ページ自体が見つけづらい位置にあった」などの問題がわかるでしょう。

3.仮説の立案

発見した問題を解決するために仮説を立てます。先ほどの例であれば「商品紹介ページ自体が見つけづらい位置にある」という問題に対して、「トップページの一番上に商品紹介ページへリンクするバナーを設置すればいいのではないか」とった仮説を立てます。

4.仮説を元にした施策の実行

立てた仮説を実行します。この時、仮説を元にした施策へ完全に切り替えてしまうのではなく、現状のままのパターンと仮説による変更を加えたパターンの2つを同時に行うA/Bテストをとる方法もあります。

5.仮説の検証

仮説を元にした施策がどのような結果を得たのか検証します。予想していた効果は得られたかどうか、それはなぜなのかを分析しましょう。

まとめ

Webページの改善は「現状の把握」「問題の発見」「仮説の立案」「仮説の検証」という、PDCAに沿った流れで行います。
問題を発見し、仮説を立てるためには、以下の5つの手法を参考にするといいでしょう。

・SEO:検索エンジンの最適化

・LPO:ランディングページの最適化

・UI/UXの改善:サイト内のデザインや操作性の改善

・EFO:入力フォームの最適化

・CRO:コンバージョン率の最適化

また、掲載されている情報量が多いWebページであれば、SBO(検索窓最適化)も有効です。
自社のWeb ページの状況に合わせて、各手法に取り組んでいきましょう。

WEBをビジネスに活かしませんか?

弊社ではマーケティングの知見を活かしたWEB制作、アプリ開発を行っております。
ただ制作して終わりではなく、お客様の課題に一緒に向き合い、提案から制作そして保守運用まで一貫してWEBチームとしてサポートいたします。
なにかお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

03-6384-2872
受け付け:月-金 11:00-17:00

メール

info@maisonmarc.com

名前

E-MAIL

内容


ツイート Facebookに投稿 Linkをコピー